スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SteelSeries 7G レビュー

2009–08–08 (Sat) 19:25
先日届いたSteelSeries社製 7gについてレビュー。
まず箱から出すときにやたらとジャラジャラ音がしていたので予備のキーが一杯入ってるんだぁ
とか思っていたら約半分のキーが外れた状態・・・使う前にパズルも楽しめました。

■SteelSeries 7G製品仕様
スイッチ: 18金コーティング、ノンクリックタイプ
- スイッチ寿命: 5000万回
- 寸法: 480 x 250 mm
- キースイッチ方式 黒軸
- キーストローク 4㎜
- キー押下 60g
- キーピッチ&キーとキーの隙間 18,9 x 9,8 in
- 重量 1290g
- ケーブル長: 2 m (6,6 ft.)
- 接続: PS/2もしくはUSB(注:USB接続時は全キー同時押しはサポートしません)

性能仕様は上記のとうりです。(調べるのに苦労しましたw)

このキーボードは特別な機能、例えばキーカスタマイズ 特別なドライバーなどは無く
目立つものは特に有りません。
しかしそれでも、ハイエンドと呼ばれる訳が随所に盛り込まれているのでご紹介していきたいと思います。
DSCN0028.jpg


まず開封した時、約半分のキーがボードから外れてパズル感たっぷりでしたが気にしない
底面積は450(W)×135(D)mm ケーブル込みの重量1295㌘ 
見た目より遥かに重いのには、剛性の確保と重量による滑り止めの為らしい
確かに、ハードに使ってもずれる事は無かったし、キーボードのポジションをずらそうとしても
片手だと若干難しいぐらいだった。

DSCN0040.jpg
DSCN0041.jpg
裏には四枚の滑り止めがあるだけで、チルトスタンドや配線を挟む溝無い本当にシンプルな構造。
チルトスタンドは無いが画像を見ていただいたら分かるとうり、それなりの角度が初めから付いている
逆に言えば、通常チルトを使っていない人には角度がきつ過ぎる可能性があるのだが
これを改善するにはハンドレストを使えば解消出来るはずなのだか・・・
ハンドレスト装着時
DSCN0038.jpg
ハンドレスト脱着時
DSCN0039.jpg

ハンドレストはABS素材で非常に軽く、取り外しなどは容易に可能
しかし装着時 幅30㎜ 奥行き115㎜ 増しになってしまうので机のスペースに余裕が無い人は
ハンドレスト無しにならざる得ないのが残念な所ではある。

ちなみに私は、ハンドレスト有り無しは気分で変えている
チルトスタンドを使えば手首に負担が掛からないので長時間キーボードに触れていても疲れにくい
無ければ力強くタイプできるので、素早くタイプしたりする時には最適だったりします。
もしスペース的に装着が無理な人はジェルパットなどで高さ調整をしてみては如何だろうか。

以前使っていた ダーマ109BKと7Gを比較
109
DSCN0031.jpg
7G
DSCN0030.jpg

109と7Gに違いがあるのがお分かり頂けるだろうか。
7Gにはステップスカルプチャー方式が採用されており、キーがそれぞれ異なった角度をしている
慣れると非常に押しやすく疲れにくい。

DSCN0032.jpg
真上から109と7Gのサイズ比較だが然程違いは無く、むしろ7Gが小さく見える。

DSCN0037.jpg
キーボードの左上にUSB1.1ハブ機能とサウンド(マイクとスピーカージャック)機能がある
これらも一本の線でPc本体の方へ行くので配線がすっきりする

これらジャック又は端子部分には18金メッキがされており効果の程はどの程度かは分からないものの
高級感と防腐性能は高そうだ。

DSCN0036.jpg

ようやく外観のお話しが終わり今度はキーボードのキーに関して
7GはCherry Electrical Products製の黒軸を採用している、この黒軸メカニカルだが打鍵音の少ないタイプらしいのだが、耐久性能が約5000万回と殴らなければ長く使えそうである
押下圧力は60g 109と比較すると非常に重く、底に向うにつれて重さが増しているような気がする
タイプに力を入れる人、例えばカタカタカタカ パシンってVCのマイク越しに聞こえるような人は
黒軸だと重すぎて疲れやすかったり 指を痛めるかもしれないので要注意。 

キーストロークは4㎜だか2㎜位から反応するの完全の底まで押し込む必要がないので
軽く素早い打鍵操作が可能
実際FPSなどやってみると 黒軸の重さと2㎜からの反応で、軽すぎるスプリング方式より
確実な打鍵操作と微妙な打鍵操作がしやすかった。

キーピッチは約19㎜といたって普通であった。

DSCN0035.jpg

7Gの売りなのかどうかは知らないがPS/2での接続のみ 全キー同時押し対応 だ。
要するにどの組み合わせでも同時に全てのキーとPcに送信することが可能なのだが 物理的に
全キーを押すことは不可能だし、その必要性も殆ど無いだろう。
ことFPSに限って言えば Ctrl+Shift+W+D又はA+スペース+12345のどれか+Tab どんなに
頑張ってもこれ以上必要なシーンが思いつかない(歩いてる所からしゃがんで やや斜めに移動し 
段差をジャンプし 武器を変え戦況を確認する)

これだけで言えば109でも十分対応していたりする
以前同時認識数が2キーとか言うとんでもないキーボードを使っていたんですが、それだと
歩きながら段差を斜めに越えられなかった事もありました。
全キー対応についてはあくまで おまけ 程度に認識でも良いのではないだろうか。


- ゲームでの使用感
最初は黒軸の硬さ、キーストロークが2㎜での反応には戸惑ったが直ぐに慣れた
Ctrlのサイズは一般的なキーボードと同じで大きい方がいいってには残念なポイントかもしれない
しかしWindowsキーがある位置にSteelのロゴキー いわゆるショートカットキーの存在だ。
これはロゴキーを押しっぱなしでF1から6を押すことで機能するショートカットキーなので
単体で押しても何も反応はしないので、誤っておしてしまっても問題ないですね

私はそんなに押してしまう事は無いけれど、FPSをプレイ中にWindowsキーを押してしまう
人には嬉しい機能かもしれないですね。
ちなみにWindowsキーは右の方に確りありますのでないと不便って人でも大丈夫です。

勘違いかもしれないけど、キーボードの反応速度が上がっているので完全停止から動き始めが
早い気がする ストッピングもワンテンポ早く止まれるのでCSなんかやってても
前は止まっただろぉ とかいってたんですが7Gに変えてからは、キーの反応速度が早いせいか
止まる 動くがシビアに伝わってきて 何々かな? がなくなりました。

まとめ
値段は高いがそれだけの性能を提供してくれる キーボード。
求められる物によって いいキーボードだったり 普通以下ななったりするキーボードのような気が
します(値段的な意味で)

実際109に不満はなかったですし値段的にも最高のキーボードでした
しかし、よりよい物を一度使ってみると109えの満足度は低下しました、これは当然と言えば当然
ですが、それは視野や感じ方なので私敵には大満足の一品になりそうです。

キーボード入荷しました。

2009–08–05 (Wed) 00:42
クランの方にこのブログを知られました。羞恥プレイです
顔から変な汗がダラダラでるし手なんかプルプルしてウェアなんか HSか撃ち負ける
のどっちかでした。(HSは要するにマグレ&運による物です)


はい、こんばんは。



約2.3週間前にネットで買ったキーボードがようやく今日届きました。
嬉しくて即効で開封してSAなんてやってたんでレビュー&画像を撮る時間が無くなってしまいました。


明日が明後日・・・出来れば近いうちにレビューしますので、もうしばらく時間を下さい。

キーボードに対して一言
黒軸は硬くて違和感がありますねぇ

 | HOME | 

プロフィール

mosinn

Author:mosinn
ニックネーム:モシンナガン(mosi)
性別:男性
自己紹介:
ネットの世界に飛び込んで早や約2年、同時にFPS暦も同じく約2年
SuddenAttackが初めてのオンラインゲームで、初めてのFPS
多少は上手くなったかな?(ノ)゜ω゜(ヾ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

hl2 アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。